EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス自然環境研究会議、環境科学の取組を市民に伝え... 
次の記事へ
 件数:10939件
 新着順に表示
 195-202件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.10.30  情報源 |  カテゴリ | 環境学習 >> その他(環境学習)
イギリス自然環境研究会議、環境科学の取組を市民に伝える無料イベント開催へ
 イギリス自然環境研究会議(NERC)は、2017年11月に、人間生活の基盤となる環境科学に親しんでもらうための無料の市民参加型イベント「UnEarthed」を開催する。100人以上の科学者が、あらゆる年齢層の市民に向けて直接研究を紹介する。内容は、化石、恐竜、侵略的外来種のエビ、大気の浄化、気候変動の影響などさまざま。大学のスーパーコンピューター技術を用いた気象予報、王立植物園の協力による森林保護、水辺の生物観察、自家用の風力発電機製作など、イギリス各地の科学者が30件以上の参加型展示を披露する。海底で使用する4トンドリルや地質調査船など、魅力的な科学機器も展示される。例えば各種の金属や鉱物がスマートフォンの動作に果たす機能など、生活を取り巻くさまざまな発見の機会になるとしてNERCは市民に来場を呼びかけており、すでに20の学校から1000人以上の生徒が参加を予約している。
 また、市民参加のプロジェクトとして、イギリスの最高峰ベンネビス山周辺の100年以上前の気象記録をデジタル化する作業が9月から始まっており、すでに数千人のボランティアが参加した。会場では、市民が撮影した環境写真コンテストの作品も展示される。【イギリス自然環境研究会議】
記事に含まれる環境用語 |
外来種
環境研
気候変動
風力発電
プレスリリース |
http://www.nerc.ac.uk/press/releases/2017/36-unearthed/

ページトップへ