EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連環境計画、適応の進捗評価の必要性を適応ギャップ報... 
次の記事へ
 件数:11061件
 新着順に表示
 303-310件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.11.08  情報源 | 国連  カテゴリ | 地球環境 >> その他(地球環境)
国連環境計画、適応の進捗評価の必要性を適応ギャップ報告書で指摘
 国連環境計画(UNEP)は、気候変動への適応策について、世界規模の進捗評価方法を検討する必要があると「適応ギャップ報告書」2017年版で指摘した。パリ協定では、気候変動に対する適応能力を拡充し、回復力を強化し、脆弱性を減少させるという世界目標を設定している。報告書は、この世界目標への進捗をどう評価するかを焦点に機会と課題を検討した。専門家の提言として、この評価の枠組みは、1)多様な情報源や形式を取り込める幅広さ、2)変化の測定をとらえる厳密さ、3)評価方法の革新を取り込める柔軟性、が求められるとしている。
 また、各国からの進捗報告は、国レベルの情報に基づく国際比較可能な測定方法が必要であり、報告方法としては、世界規模の評価を促進しつつ各国の状況の多様性を尊重するため、国別目標に対する自主的な報告が望ましいと指摘。さらに、適応目標の適切さや、目標達成に対策が有効に働くかなどは、描写的な指標だけでは不十分で、国ごとの事情やリスク特性を示す指標も必要だとしている。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
気候変動
国連環境計画
プレスリリース |
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/press-release/progress-assessing-adaptation-global-level-needed-meet-paris

ページトップへ