一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)第19回政府間会合の結果発表

【発表日】 2017.11.21 【情報源】 環境省 【大気環境 その他(大気環境)

 環境省は、東アジア酸性雨モニタリングネットワーク(EANET)の第19回政府間会合が2017年11月13日(月)〜14日(火)にカンボジア・シェムリアップで開催されたと発表した。
 
 会合では、2018年の作業計画が承認されるとともに、EANETと世界気象機関(WMO)とのデータ共有に関する合意文書の内容が概ね合意された。
 
 酸性雨等の広域大気汚染問題は東アジア地域共通の課題であり、引き続きEANETの活動を技術的・財政的に支援していくとともに、EANETを東アジア地域における大気環境管理のための重要な基盤として、その活動の充実・強化を図ることとしている。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース