一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

キリン、岡山工場が取水源の吉井川上流で森づくりと子供の環境学習体験を実施

【発表日】 2017.11.24 【情報源】 企業 【環境一般 CSR

 キリンビール岡山工場(岡山市東区)は、取水源になっている吉井川の上流に位置する森「彩りの森」(岡山県鏡野町)で、水源の森づくり活動と、子供を対象にした環境学習体験を10月28日に実施した。同社はキリンホールディングスのグループ企業、キリンの子会社でビール製造を手掛ける。学習体験当日は、植樹やミニ盆栽づくりを行った。

 吉井川は岡山県の三大河川の1つとされる。彩りの森はその上流にある奥津湖の浮島だ。子供が豊かに育つ環境づくりを目的にするNPO「岡山市こどもセンター」と、自然保護活動を展開する施設「岡山県自然保護センター」(同県和気町)の協力で開催し、岡山市こどもセンターに申し込んだ13家族30人が参加した。

 当日は雨模様だったが、雨の合間に家族で1本ずつツツジを植え、将来へのメッセージ板を取り付けた。その後参加者たちは小さな植木鉢に木の芽や草花、コケを入れ“世界に1つだけのミニ盆栽”づくりに取り組んだ。その際、さまざまな物を発見して触ったり香りをかいだりしながら、五感を使って自然と触れ合った。

 ミニ盆栽は参加者らが持ち帰り、岡山工場はミニ盆栽に水をやるたびに植えた木や浮島の風景、風、香りを思い出してもらえれば、と期待している。植樹は彩りの森で森づくりを進める団体「彩りの森実行委員会」が指導した。行き帰りのバス車内では、キリンの水源の森づくりに関するクイズや森の働きの講義もあった。

【キリンビール株式会社】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース