EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
日本政策投資銀行、住友ゴムに「環境格付」に基づく融資... 
次の記事へ
 件数:29697件
 新着順に表示
 866-873件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.11.30  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> 環境ラベル
日本政策投資銀行、住友ゴムに「環境格付」に基づく融資実施、最高ランクを付与
 日本政策投資銀行(DBJ)は、住友ゴム工業に対し「DBJ環境格付」に基づく融資を実施した。4段階ある格付けのうち「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」とする最高のランクを付与した。高い技術力を生かした環境配慮商品の普及拡大や、技術・製品の開発を推進するなど、高い水準で環境経営を実践していることを評価した。

 住友ゴムは地球環境への取り組みを重要な経営課題の1つに位置付け、CSR企業の社会的責任)ガイドライン「GENKI」に沿って環境経営を進めている。GENKIは緑化、事業活動の環境負荷低減、次世代型技術・製品の開発、人にやさしい諸施策、ステークホルダー(利害関係者)への誠実さ、のそれぞれを意味する英語の頭文字から採った。

 今回の格付けでDBJは、環境配慮商品の普及拡大に加え、CSRに配慮したサプライチェーン(供給網)管理を行い、長期ビジョンでも環境対応技術・製品の開発を定めるなど、持続可能な社会実現に向けた活動を加速させている点を評価した。全従業員を巻き込みながら生産工程を改善し、生産性向上と環境負荷低減を図っている点も認めた。

 加えて、GENKI活動を発展させてCSRの枠組みを整理し、CSR面で目標を管理していることも評価した。こうしたことから住友ゴムは最高ランクの格付けを取得した。DBJ環境格付は、DBJが開発した格付けシステムで企業の環境経営度を評点化し、優れた企業を選んで得点に応じて融資条件を設定する。格付けが高いと特別金利が適用される。

【住友ゴム工業株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
CSR
環境負荷
企業の社会的責任
プレスリリース |
http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2017/sri/2017_131.html

ページトップへ