EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
旭硝子、鹿島工場でZEB実現の施設建設を開始、自社の省エ...
次の記事へ
 件数:29566件
 新着順に表示
 677-684件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.12.13  情報源 | 企業  カテゴリ | エネルギー >> 省エネルギー
旭硝子、鹿島工場でZEB実現の施設建設を開始、自社の省エネ・創エネ製品を活用
 旭硝子(AGC)は、鹿島工場(茨城県神栖市)でネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)を実現する施設の建設を始めた。自社が展開する省エネ・創エネ製品を活用する。基準エネルギー消費量と比べて114.7%の削減率を達成する。2018年12月の完成を予定する。建築物のZEB化が求められていることに対応し、ZEBの本事務所棟を造る。

 ZEBは、省エネと再生可能エネルギーの導入によって、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロにする建築物を意味する。基準一次エネルギー消費量に対する削減率によってZEB(100%以上)と「Nearly(ニアリー)ZEB」(75%以上100%未満)、「ZEB Ready(レディー)」(50%以上75%未満)の3段階ある。本事務所棟はZEBを見込む。

 本事務所棟は「自社製品で省エネ・創エネを実現」をテーマに、消費量を上回るエネルギーを創出する。省エネでは、Low-E複層ガラス「サンバランス トリプルクール」と、ウレタンフォーム断熱材の原料「エクセノール」で50.4%の削減率、創エネはガラス一体型太陽電池モジュール「サンジュール SUDARE」で64.3%の削減率にする。

 自社の遮熱・断熱製品による省エネ化とともに、窓にもサンジュール SUDAREを使用し、屋根に加えて開口部も有効利用して創エネを図る。本事務所棟は2階建てで、1435m2の延べ床面積がある。環境省の「ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業」にも採択されている。ZEB化を可能にする自社製品のアピールにもつながる。
 
【旭硝子株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
一次エネルギー
再生可能エネルギー
省エネルギー
太陽電池
プレスリリース |
http://www.agc.com/news/detail/1196359_2148.html

ページトップへ