EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ペルー、排ガス規制ユーロ4等の導入を決定      
次の記事へ
 件数:11178件
 新着順に表示
 374-381件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2017.12.18  情報源 |  カテゴリ | 大気環境 >> 交通問題
ペルー、排ガス規制ユーロ4等の導入を決定
 国連環境計画(UNEP)は、2017年11月30日にペルーが大統領令により車両排出ガスに関して欧州のユーロ4規制、米国のTier2及びEPA2007規制を導入したと報じた。新基準は2018年4月1日から導入される。
 この措置は車両から排出される汚染物質の低減に寄与し、大気質を改善し、健康や環境に恩恵をもたらすと期待される。新規制の導入により、窒素酸化物(NOx)は最大35%、粒子状物質(PM2.5)は最大70%排出削減できると見込まれている。
 同国ではガソリン中の硫黄分を50ppm未満に規制する大統領令が導入されたばかりで、今回決定した規制はそれを補完し、より優れた自動車技術の導入を可能にするという。排ガス新基準は、車両排ガスに関連する国家レベルの大気質改善対策の提案に携わる多部門の作業部会(同国環境省、エネルギー鉱山省等で構成)により作成された。
 UNEPは燃料と車両のクリーン化・効率化を促す政策立案のため、2012年から国際的なパートナーシップやイニシアティブ等を通じてペルー政府を支援している。【国連環境計画
記事に含まれる環境用語 |
EPA
PM2.5
国連環境計画
窒素酸化物
プレスリリース |
https://www.unenvironment.org/news-and-stories/press-release/peru-adopts-euro-4-iv-vehicle-emissions-standards-improved-air

ページトップへ