EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
日本・ミャンマー環境ウィークを1月15日から開催    
次の記事へ
 件数:29497件
 新着順に表示
 570-577件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.01.11  情報源 | 環境省  カテゴリ | 地球環境 >> 国際環境協力
日本・ミャンマー環境ウィークを1月15日から開催
 環境省は、ミャンマー天然資源・環境保全省と共催し、1月15日(月)〜1月17日(水)の間、ヤンゴン及びネピドー(ミャンマー)において、環境省が今後海外で展開する「ジャパン環境ウィーク」の初の取組である「日本・ミャンマー環境ウィーク」を開催する。
 この期間中、政策レベルの協議から、実務レベルのセミナー・研修、民間企業が有する環境技術の紹介など、環境関係のイベントを連続して開催することにより、我が国が有する環境技術やノウハウを集中的に先方関係者と共有することを通じて、ミャンマーにおける環境インフラの普及を促進することを目的としている。

 主な日程は以下のとおり。
 1月15日(月):第1回日本・ミャンマー環境政策対話
 1月16日(火):ミャンマー廃棄物管理ワークショップ
 1月17日(水):環境インフラ技術セミナー

【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
ワークショップ
廃棄物
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/105020.html

ページトップへ