EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
富士フイルム、顧客と新たなCO2削減活動を開始、「カーボ...
次の記事へ
 件数:29316件
 新着順に表示
 279-286件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.02.05  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> その他(エコビジネス)
富士フイルム、顧客と新たなCO2削減活動を開始、「カーボン・オフセット」を実施
 富士フイルムは、顧客とともに取り組む新たなCO2排出量削減活動「グリーン・グラフィック・プロジェクト(GGP)」を4月1日に始める。同社は富士フイルムホールディングス子会社だ。印刷の製版工程で自動現像機・薬品が不要になるオフセット印刷用刷版材料「完全無処理サーマルCTPプレート」を対象に、「カーボン・オフセット」を実施する。

 印刷業界の一層の環境負荷削減を目指す。GGPは、富士フイルムの100%子会社で印刷機材・サービスを国内で販売する富士フイルムグローバルグラフィックシステムズが展開する。CTPは、印刷製版で組版用コンピューターのデータから直接印刷版を出力する工程を指し、完全無処理サーマルCTPプレートは環境負荷を大幅に低減する。

 カーボン・オフセットは、CO2など温室効果ガス排出削減努力を行っても避けられない分を他の場所でのプロジェクトの削減で相殺(オフセット)する仕組みを指す。富士フイルムは完全無処理サーマルCTPプレートで、原材料調達、製造、輸送、使用、廃棄・リサイクルのCO2排出に関し、開発途上国のプロジェクトの排出枠で相殺した。

 インド、ケニア、中国などのプロジェクトを支援した。印刷会社は完全無処理サーマルCTPプレートを購入・使用することで、印刷物の製作工程で発生するCO2排出量の一部が相殺可能になる。GGPに参加する印刷会社は、製品の購入量に応じて発行される「カーボン・オフセット証明書」の活用などで環境貢献企業のイメージがPRできる。

【富士フイルム株式会社】

記事に含まれる環境用語 |
カーボン・オフセット
リサイクル
温室効果ガス
開発途上国
環境負荷
プレスリリース |
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1258.html

ページトップへ