一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

横浜ゴム、販売している全商品で環境貢献比率100%を達成、計画通り実現

【発表日】 2018.02.16 【情報源】 企業 【地球環境 その他(地球環境)

 横浜ゴムは、国内外で販売している全商品で環境貢献比率100%を達成した。2006年度に始めた中期経営計画の基本方針に掲げた「トップレベルの環境貢献企業になる」の活動として、同年度から環境負荷低減を目的に取り組んできた。その結果、目標達成年に定めた2017年度末に計画通り実現した。

 トップレベルの環境貢献企業になる、の具体的な施策の1つに全商品を環境貢献商品にすることを挙げて進めてきた。環境貢献商品の認定にあたっては、独自の評価基準を設けた。原料調達から廃棄・リサイクルまでで温暖化防止、資源再生・循環、省資源、安全・快適性の4つの環境機能を評価した。

 4つの環境機能すべての項目の評価を従来品より平均5%以上にするとともに、いずれも下回らないことを義務付け、達成できない場合には新たな商品化ができない仕組みを導入した。環境貢献商品の比率は2005年度に40%だったが、2009年度は70%に拡大して2012年度には90%を超え、着実に延ばしてきた。

 横浜ゴムは100%を弾みに今後も環境貢献商品の開発を通して環境負荷低減を推進する。最新の商品例では2017年12月5日に発売した軽量化設計の低燃費タイヤ「BluEarth-air EF21(ブルーアース・エアー・イーエフ・ニーイチ)」がある。一般的なタイヤより約25%軽く、燃費向上と省資源に貢献する。

【横浜ゴム株式会社】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース