EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
オランダ、下水の医薬品残留物の浄化処理対策に3000万ユ... 
次の記事へ
 件数:11255件
 新着順に表示
 384-391件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.02.13  情報源 | オランダ  カテゴリ | 水・土壌環境 >> 地下水/土壌汚染
オランダ、下水の医薬品残留物の浄化処理対策に3000万ユーロを予算化
 残留医薬品による環境汚染に対応するため、オランダ政府は、各地の水委員会が下水処理施設で新たな濾過技術を実験する費用として3000万ユーロを割り当てた。この助成先第一号となったブラバント州Aa en Maas地域の水委員会は40万ユーロを得て新たな浄化処理施設を建設する。この施設では、処理後の下水をアー川に流すが、アー川が合流するムーズ川は飲料水の水源となっているため、医薬品残留物は極力減らす必要がある。委員会は今後1年をかけ、紫外線と過酸化水素を使った濾過方法の効果を検証する。人口の高齢化に伴い医薬品の使用量は増加しているが、使った薬の一部は排泄を通じて下水に流れ出す。現在のところ、浄化処理施設では下水中の薬品成分をすべて取り除くことはできず、一部は環境へと放出され蓄積して水域の生物に悪影響を及ぼすおそれがある。現在、水域に流れ出す医薬品残留物は年間14万キログラムに上る。病院や薬局も対策を講じているが決め手にはならず、医薬品汚染を防ぐには下水処理によるほか道はないという。【オランダ社会基盤・水管理省】
記事に含まれる環境用語 |
下水処理
プレスリリース |
https://www.government.nl/ministries/ministry-of-infrastructure-and-water-management/news/2018/02/13/investments-in-purification-of-medicine-residues-from-waste-water

ページトップへ