EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
(仮称)八峰能代沖洋上風力発電事業に係る計画段階環境... 
次の記事へ
 件数:29410件
 新着順に表示
 304-311件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.03.02  情報源 | 環境省  カテゴリ | 環境一般 >> 環境アセスメント
(仮称)八峰能代沖洋上風力発電事業に係る計画段階環境配慮書に対する環境大臣意見を提出
 環境省は、秋田県で計画されている「(仮称)八峰能代沖洋上風力発電事業計画段階環境配慮書」(ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社)に対する環境大臣意見を経済産業大臣に提出した。

 本事業は、秋田県能代市及び山本郡八峰町の沖合において、最大で総出力18万kWの風力発電所を設置するものである。

 環境大臣意見では、
 (1)秋田県が設定した候補海域外の計画については、秋田県等との協議・調整を十分に行い、更なる検討を進めること、
 (2)水の濁り、水中音の発生、基礎を含む風力発電設備等の構造物の存在による付着生物等による影響を含め、調査、予測及び評価の実施、本事業の計画並びに環境保全措置の実施の検討に当たっては、最新の知見及び先行事例の知見を反映すること、
 (3)藻場等に生息・生育する海生生物への影響について、適切な調査、予測及び評価を行い、その結果を踏まえ環境保全措置を講ずることにより、影響を回避又は極力低減すること
 等を求めている。

【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
藻場
風力発電
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/105173.html

ページトップへ