一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

「風力発電に係る地方公共団体によるゾーニングマニュアル」を公表

【発表日】 2018.03.20 【情報源】 環境省 【エネルギー 再生可能エネルギー

 環境省は、環境保全と風力発電の導入促進の両立を図るため、地方公共団体が関係者等との調整の下で、風力発電の導入を促進しうるエリア、環境保全を優先するエリア等を設定するゾーニング手法を検討し、「風力発電に係る地方公共団体によるゾーニングマニュアル」をとりまとめた。

 このマニュアルには、地域の自然的・社会的条件を踏まえ、
 1.環境保全を優先するエリア
 2.立地に当たり調整が必要なエリア
 3.導入を促進しうるエリア
 等にゾーニングすることが効果的であることを明記するとともに、そのために必要となる情報収集の方法、ゾーニングマップの作成方法、マップの合意形成の手法、ゾーニングマップの活用方法などを、地方公共団体向けに、体系的に記載している。

 環境省は今後、このマニュアルの関係地方公共団体への周知を図り、自主的なゾーニングの取組を促進していく。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース