EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
「農薬危害防止運動」を夏に実施         
次の記事へ
 件数:29497件
 新着順に表示
 239-246件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.04.25  情報源 | 環境省  カテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
「農薬危害防止運動」を夏に実施
 環境省は、厚生労働省、農林水産省等と共同で、農薬の安全かつ適正な使用や保管管理、環境への影響に配慮した農薬使用、農薬の適正販売等について周知を徹底することにより、農薬の使用に伴う人畜への危害を防止することを目的に、平成30年度農薬危害防止運動を実施する。

 実施期間は、平成30年6月1日から8月31日までの3ヶ月間。
 期間中は、農薬使用者のほか関係者を対象として、農薬の安全かつ適正な使用、農薬の適正販売、農薬による危害の防止対策、事故発生時の応急処置、関係法令等に関する講習会などを開催するほか、医療機関等に対し、農薬の中毒時の症状及びその応急処置等についての情報提供などを実施する。

【環境省】
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/105423.html

ページトップへ