EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
日本環境協会、「エコマークアワード2018」を募集    
次の記事へ
 件数:29490件
 新着順に表示
 81-88件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.06.01  情報源 | 企業  カテゴリ | エコビジネス >> 環境ラベル
日本環境協会、「エコマークアワード2018」を募集
 公益財団法人日本環境協会エコマーク事務局は、6月1日より「エコマークアワード2018」の募集を開始した。

 エコマークアワード「優秀賞」では、企業・公共・民間 の各部門において、一般からの応募(自薦・他薦は不問)またはエコマークアワード選考委員会による推薦から選考。エコマーク商品を通じて、「消費者の環境を意識した商品選択、企業の環境改善努力による、持続可能な社会の形成」に大きく寄与する取り組みをした企業・団体等を表彰する。優秀賞のうち最も優れた取り組みに「最優秀賞」が授与される。

 「プロダクト・オブ・ザ・イヤー」では、2017、2018年度に認定されたエコマーク認定商品の中から特に優れた商品を表彰する。応募は受け付けていない。

 募集期間は、7月31日(火)まで。
 選考は、一次審査、本審査(どちらも書類審査)を経て受賞者を決定する。表彰式は2019年初めに行う予定。
 詳細はエコマーク事務局HPを参照のこと。
  https://www.ecomark.jp/award/2018/

【公益財団法人日本環境協会エコマーク事務局】
記事に含まれる環境用語 |
エコマーク
プレスリリース |
http://www.ecomark.jp/award/2018/
関連情報 |
関連リンク
エコマーク事務局エコアワード2018(公益財団法人日本環境協会)

ページトップへ