EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ドイツ、ナノ素材に関するドイツ語圏の行政会議を開催  
次の記事へ
 件数:11059件
 新着順に表示
 34-41件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.06.07  情報源 |  カテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
ドイツ、ナノ素材に関するドイツ語圏の行政会議を開催
 ドイツ連邦環境省は、6月7、8日、ベルリンにおいて、第12回国際ナノ行政会議を開催することを公表した。会議では、医療品におけるナノ素材に関する規制や化粧品・バイオサイド規則、並びにREACH規則といった法規制におけるナノ素材の統一した定義について議論される。また、3D印刷、ロボティック、電子工学、エネルギー貯蔵の分野で使用される新種の素材の環境や健康への影響にも焦点が当てられる。この会議は年に一度開催されるもので、ドイツ語圏の国々であるオーストリア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク、スイス、ドイツにおける環境や健康、労働保護分野の行政機関や経済界、学術界、NGOの代表者が出席する非公式な情報交換の場となっている。会議の成果は、今後の国際社会、ヨーロッパ、国内における交渉の場の基礎となる。【ドイツ連邦環境省】
記事に含まれる環境用語 |
REACH規則
プレスリリース |
https://www.bmu.de/pressemitteilung/schwarzeluehr-sutter-wir-brauchen-einheitliche-regeln-fuer-nanomaterialien-und-nanoprodukte/

ページトップへ