EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国際エネルギー機関、炭素回収・使用・貯蔵技術の導入を... 
次の記事へ
 件数:11061件
 新着順に表示
 28-35件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.06.13  情報源 | 国際機関  カテゴリ | エネルギー >> その他(エネルギー)
国際エネルギー機関、炭素回収・使用・貯蔵技術の導入を加速するワークショップを開催
 国際エネルギー機関(IEA)は、2018年6月13日と14日の2日間、「炭素回収・利用・貯蔵(CCUS)政策・投資ワークショップ」をパリで開催する。これは主要な排出削減技術の一つであるCCUSの商業導入を加速する機会を協議するもので、政府や産業、NGO、金融部門から専門家や主要関係者が参加する。IEAは、鉄鋼、セメント、化学など、経済成長を支える基幹産業で大幅な排出削減を可能にする数少ない解決策の一つとして、CCUSを優先技術分野の一つに位置付けている。しかし、その普及は進んでおらず、現在のCO2回収率は、2030年までに必要とされるレベルの4%にも達していない。また、世界の低炭素エネルギー投資全体においてCCUSが占めた比率は約0.1%(2016年)にすぎず、2010年以降、計画されるプロジェクトも減少している。ワークショップでは、2017年11月にIEAが開催したハイレベルCCUSサミットで議論されたテーマと優先事項を受け、CCUS投資を促進する革新的な政策と新ビジネスモデルを検討する。【国際エネルギー機関
記事に含まれる環境用語 |
ワークショップ
国際エネルギー機関
プレスリリース |
http://www.iea.org/newsroom/news/2018/june/iea-hosts-workshop-to-support-worldwide-uptake-of-carbon-capture-technologies.html

ページトップへ