一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

平成30年度水浴場(開設前)の水質調査結果を発表

【発表日】 2018.07.02 【情報源】 環境省 【水・土壌環境 水質汚濁

 環境省は、地方公共団体が平成30年4月から6月にかけて実施した全国の「水浴場(開設前)の水質調査結果」を取りまとめ、発表した。
 
 調査を実施した団体は、全国の都道府県、市町村。対象とした水浴場は、水浴場湖沼河川水浴場
 調査対象項目は、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、化学的酸素要求量COD)、透明度
 (参考項目:水素イオン濃度<pH>、病原性大腸菌O-157)

 その結果は以下の通り。
  [1]環境省が調査結果を得た水浴場の823ヶ所すべてが、水浴場として適当な水質であった。
  [2]水質の区分の「適」(「水質AA」又は「水質A」)の水浴場数は、687ヶ所(全体の83%)であった。

 病原性大腸菌O-157の調査は、592ヶ所の水浴場で実施されたが、すべての水浴場で不検出であった。
 
 各水浴場の個別調査結果は、以下のホームページに掲載される。

 水浴場の水質調査結果
 http://www.env.go.jp/water/suiyoku_cho/index.html


【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース