一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

専門家による種名判別おたすけサービス「いきものログ」の「種名調べ支援」を実施 来年1月末までの期間限定

自然環境 自然とのふれあい】 【掲載日】2018.07.20 【情報源】環境省/2018.07.19 発表

 環境省生物多様性センターでは、夏休みの課題研究にも役立つよう、名前がわからない生きものについて、見つけた場所や写真を投稿して質問すると、動植物の専門家からその生きものの名前に関するヒントやアドバイスをもらえる無料サービス「種名調べ支援」を、期間限定で実施する。

 「種名調べ支援」は、環境省生物多様性センターが運用するシステム「いきものログ」のユーザを対象とした、種名を調べる手助けをする無料サービス。自然観察初心者への自然環境に関する普及・啓発や情報提供を目的としている。

 「いきものログ」にユーザ登録し、名前のわからない生きものの写真を撮影、写真データと観察した場所・日付を投稿すると、一週間くらいでいきもの博士から回答が届く。実施期間は平成31年1月31日まで。

 「いきものログ」 トップページ
  https://ikilog.biodic.go.jp/

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク