一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

国際エネルギー機関、2017年の世界のエネルギー投資は気候目標達成に不十分と報告

【発表日】 2018.07.17 【情報源】 【エネルギー その他(エネルギー)

 国際エネルギー機関(IEA)は、2017年の世界のエネルギー投資に関する報告書を公表した。それによると、2017年に再生可能エネルギーへの投資は前年比で7%減少した。特に、太陽光発電導入支援に関する最近の中国の政策変更は、2018年の再生可能エネルギーへの投資をさらに減速させる可能性があるという。中国は太陽光発電への世界の投資の40%以上を占めており、政策変更には地球規模の影響力がある。
 世界のエネルギー効率化への投資は2017年に増加したが、増加幅は減速し、再生可能エネルギーと合わせた投資額はそれまでの増加傾向から一転3%の減少となった。IEAは、気候目標の達成が困難になることへの懸念を示し、投資増のための政策の必要性を指摘した。
 2017年にエネルギー供給への投資に占める化石燃料の比率は2014年以降初めて増加した。今後数年間に石炭火力発電所を新設する最終的な投資判断は2年連続で減少した。しかし、石炭火力発電の容量追加は減少しているものの、石炭火力発電所の数はアジアを中心に増加している。【国際エネルギー機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース