一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

国連食糧農業機関(FAO)で活躍する日本人職員と語るキャリア・セミナー

【発表日】 2018.08.09 【情報源】 外務省 【地球環境 その他(地球環境)

 外務省は、8月9日(木)に国連食糧農業機関FAO)投資センター アジア・太平洋地域サービス課長の萩原雄行氏を迎えて、「FAOで活躍する日本人職員と語るキャリア・セミナー」を開催。セミナーには、FAOでの勤務に関心を持つ学生や研究者、社会人等約40人が参加した。
 今回のセミナーは、FAOにおける勤務機会について広く紹介することを目的として、外務省とFAO駐日連絡事務所の共催により実施したもの。
 
 FAOは、食料・農林水産分野における国連専門機関の筆頭として、持続可能な開発目標(SDGs)の中核をなす世界の飢餓と栄養不良の撲滅に向けて活動しており、現在約60名の日本人職員が活躍している。
 セミナーでは、はじめに萩原氏から、FAOの概要、投資センター アジア・太平洋地域サービス課の仕事と魅力、専門家としてのプロジェクト・デザイン業務、国際機関での勤務において必要とされる能力とスキル等につき紹介があり、自身の経験に基づき、国際機関でのキャリアを目指す日本人の方々に向けた激励があった。
 引き続いて、FAO駐日連絡事務所長のチャールズ・ボリコ氏から、FAOの採用制度と、応募に当たって必要な資格や注意点、インターン・ボランティア・フェロー制度等の様々な勤務機会について説明があった。さらに、外務省国際機関人事センター長の本田誠氏から、JPO派遣制度の説明があった。
 最後には、登壇者と参加者の間で、FAOでの勤務に必要とされる専門性や職務経験等について活発な質疑応答が行われた。

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク