一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

科学者チーム、パリ協定の目標を達成しても地球が温室状態になるリスクを指摘

【発表日】 2018.08.06 【情報源】 スウェーデン 【地球環境 地球温暖化

 ストックホルム・レジリエンス・センター、ポツダム気候影響研究所などの科学者で構成する国際チームは、パリ協定の排出削減目標が達成できたとしても、地球は「温室」状態に向かうおそれがあるとする論文をアメリカ科学アカデミー紀要で発表した。この温室状態になると、地球の平均気温は産業化前に比べ4〜5℃高く、海面は今より10〜60メートル上昇するため、地球上で住めない場所が各所に出てくるという。研究によると、人為起源の気温上昇が2℃を超えると、フィードバックと呼ばれるプロセスが始まり、それまで温室効果ガス吸収源であったものが逆に放出を始めるなど、大規模な変化が急激に進むという。現在の地球の気温は、すでに産業化前より1℃上がり、10年ごとに0.17℃のペースで上昇している。科学者らは、これを食い止めるには、温室効果ガスの排出削減だけではなく、生物的な炭素吸収源の強化、たとえば森林や農地・土壌管理の改善、生物多様性の保全に加え、大気中CO2を回収し地中に貯留する技術の促進も必要だとし、さらには、こうした手段が根本的な社会変化に裏打ちされていることが重要だと強調している。【ストックホルム・レジリエンス・センター】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース