一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

ドイツ、Nature2000地域における農薬の空中散布における影響調査に関するマニュアルを公表

【発表日】 2018.09.11 【情報源】 【健康・化学物質 その他(健康・化学物質)

 ドイツ連邦環境庁は、EU自然保護区のネットワークであるNature2000地域における農薬の空中散布に際して必要な自然保護規則に基づいた認可手続き方法について、州政府の所轄官庁向けのマニュアルを作成し、公表した。Nature2000地域は、絶滅危機種である動植物の保護や生息空間の保護に重要な地域であり、科学的にもこの地域における農薬使用は自然保護の観点で重要な問題を引き起こす可能性が指摘されている。特に、ヘリコプターを用いた空中散布は広範囲に及ぶため危険であるとしている。マニュアルでは、Nature2000地域とそこで保護される動植物が農薬散布により被害を受ける可能性がある場合、生息地影響調査の実施が求められることを示している。農薬散布は、全ての調査終了後に認可される。【ドイツ連邦環境庁】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース