一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

イギリス環境・食糧・農村地域省、農業からのアンモニア排出削減を支援

【発表日】 2018.09.18 【情報源】 【大気環境 大気汚染

 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、農家から排出されるアンモニアを削減するため、300万ポンドの支援プログラムを立ち上げた。支援は同国環境庁とナチュラル・イングランドと連携して行われ、助成金は農家や土地所有者を実際に指導する専門家チームに拠出される。
 アンモニアは長距離を移動し、環境被害をもたらすほか、他の汚染物質と結合して人々の健康に有害な粒子状物質を生成する可能性もある。イギリスのアンモニア排出の88%は農業に由来する。このため農家は土地管理者として重要な役割を担っている。専門家チームは、アンモニア排出削減の新たな適正農業規範(COGAP)で定められた削減措置の実施において農家を支援し、研修の開催や状況に合わせた助言、農家の個別訪問、助成金申請の支援等を行う。また家畜飼料や糞堆肥・肥料散布に関する対処法など、すべての農家がアンモニア排出を削減できる簡単な手順を示す新たなビデオも提供する。
 イギリスでは、アンモニア排出により年間1億3800万ポンド相当の窒素が失われており、削減措置による堆肥の活用は農家の実質的な利益にもなるという。【イギリス環境・食糧・農村地域省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース