一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

神奈川県、「プラごみゼロ宣言」発表 2030年までにゼロ目指す

【発表日】 2018.09.04 【情報源】 地方自治体 【ごみ・リサイクル リサイクル

 神奈川県は、リサイクルされずに廃棄されるプラスチックごみを、2030年までのできるだけ早い時期にゼロにすることを目指す「かながわプラごみゼロ宣言」を発表した。
 県内の自治体や企業に、プラスチック製のストローやレジ袋をなるべく利用しないことや、利用した場合はリサイクルのため回収することを呼びかける。当面は、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、レストランなどと連携し、取り組みを進める。
 また、海岸利用者には、プラスチックごみの持ち帰りを呼びかける。
 県によると、今年8月に鎌倉市の由比ガ浜の海岸に打ち上げられたシロナガスクジラの胃からプラスチックごみが見つかったことが宣言のきっかけになった。
 県は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)推進の具体的な取り組みとして、深刻化する海洋汚染、特にプラスチックごみが小さく砕けてできたマイクロプラスチックの問題に取り組む。
 黒岩祐治知事は「こうした取り組みを通じて、これまで概念的だったといわれるSDGsを多くの方々に実感していただけることを期待している」と話している。
提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース