EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、環境負荷の低い冷媒管理に優れたス... 
次の記事へ
 件数:11377件
 新着順に表示
 206-213件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.09.25  情報源 |  カテゴリ | 環境行政 >> その他(環境行政)
アメリカ環境保護庁、環境負荷の低い冷媒管理に優れたスーパーマーケット等13社を表彰
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、「グリーンチル・パートナーシップ」プログラムの下、先進的な冷媒技術を活用してオゾン層破壊物質である冷媒の漏出を防ぐなど、食品小売分野で優れた冷媒管理を行っている企業13社を表彰した。表彰は9部門で行われ、中でも、冷媒漏出量が最も少なかった企業に贈られる賞は小売りチェーンのハリスティーターなど2社が受賞した。同プログラムは、冷媒の漏出量を削減してオゾン層の保護と気候変動の緩和を目指すものである。EPAは、食品小売業者や先進冷媒システムメーカー等と提携し、環境負荷の低い冷媒に切り替える、冷媒容積を縮小する、冷媒の漏出量を減らす、環境に優しい冷媒技術や慣行を採用するといった取組を支援している。パートナーシップ参加企業が展開する店舗数は、この10年間で食品小売業全体の約29%に相当する1万1000店以上に増加した。全国のスーパーマーケットが冷媒漏出量を同参加企業の平均と同じ水準にまで削減できれば、冷媒交換費用を年間で2億1200万ドル節約できるという。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
化石燃料
国際エネルギー機関
プレスリリース |
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-recognizes-supermarkets-across-america-smart-refrigerant-management
関連情報 |
関連リンク
「EPAウェブサイト グリーンチル・パートナーシップ:パートナーについて」
「EPAウェブサイト 2018年グリーンチル賞 受賞企業一覧」(PDF)

ページトップへ