EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ラムサール条約、世界の湿地は1970〜2015年に約35%減少... 
次の記事へ
 件数:11377件
 新着順に表示
 203-210件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.09.27  情報源 |  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
ラムサール条約、世界の湿地は1970〜2015年に約35%減少と報告
 ラムサール条約は、世界の湿地の状況に関する初の包括的報告書「地球湿地概況(GWO)」を公表した。それによると、世界の湿地は1970〜2015年に約35%減少し、減少のペースは2000年以降加速している。原因としては、気候変動、人口増、都市化、消費パターンの変化などがあげられる。湿地は淡水や食料の供給、生物多様性の維持、洪水防護など、人間を含む生命に不可欠である。しかし各国の意思決定者らはこの湿地の価値を軽視して国の計画を策定しており、国連によると廃水の80%以上が十分な処理をされないまま湿地に流入しているという。報告書は、持続可能な開発や気候行動などの国家計画に湿地を組み込む重要性を強調し、多国間のガバナンス、優先的に回復すべき湿地を特定するための詳細なデータ、先住民の知識や市民の協力が必要だとした。報告書は、2018年10月21〜29日にドバイで開催予定の同条約第13回締約国会議(COP13)での協議の土台となる。【ラムサール条約
記事に含まれる環境用語 |
ラムサール条約
気候変動
持続可能な開発
生物多様性
プレスリリース |
https://www.ramsar.org/news/wetlands-worlds-most-valuable-ecosystem-disappearing-three-times-faster-than-forests-warns-new

ページトップへ