EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アメリカ環境保護庁、節水プログラムの普及に貢献した20... 
次の記事へ
 件数:11290件
 新着順に表示
 110-117件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.10.04  情報源 |  カテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
アメリカ環境保護庁、節水プログラムの普及に貢献した20機関を表彰
 アメリカ環境保護庁(EPA)は、「ウォーター・センス(WaterSense)」プログラムを推進した水道会社、メーカー、建設会社など20機関を表彰した。同プログラムは、水利用効率の良い製品、住宅、サービスを通じて国民に節水の方法を提供し、水供給の未来を守ることを目的としている。これまでに、従来モデルと同等以上の機能と20%以上の節水効果を備えた2万7000以上の製品と、節水設備を備えた1000以上の住宅がウォーター・センス認証を取得しており、2006年以降累計2.7兆ガロン以上の節水と638億ドルの水道代の節約につながったという。受賞機関は、1900以上のパートナー機関から、節水効果の高いトイレへの交換を促進するリベートプログラムをYouTube動画で広めたブロワード郡の水道産業団体や、2017年に発生した干ばつ時に節水の重要性を訴える「干ばつバスターズ」キャンペーンを実施したコブ郡水道局など、同プログラムの普及に著しく貢献した機関が選ばれた。【アメリカ環境保護庁】
記事に含まれる環境用語 |
EPA
プレスリリース |
https://www.epa.gov/newsreleases/epa-honors-leaders-demonstrating-water-saving-innovation

ページトップへ