EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
デンマーク、薄いプラスチック製買い物袋を廃止へ    
次の記事へ
 件数:11284件
 新着順に表示
 23-30件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.12.04  情報源 |  カテゴリ | ごみ・リサイクル >> その他(ごみ・リサイクル)
デンマーク、薄いプラスチック製買い物袋を廃止へ
 デンマーク環境・食糧省は、プラスチック汚染対策の一環として、薄くて破れやすく繰り返し使えないプラスチック製買い物袋(レジ袋)を廃止する方針を公表した。対象になるのは、生鮮食品などを購入した際に持ち帰るための薄く軽量の持ち手付きプラスチック製買い物袋で、厚手で繰り返し使えるものは対象から外される。また小売店側には、こうした買い物袋を無料で提供することを、袋のサイズ、素材を問わず禁止する。消費者はマイバックを持参するか、厚手のレジ袋を購入することになる。
 現在、デンマークでは年間一人当たりおよそ80枚のレジ袋が消費されている。環境・食糧省はこれを2023年までに半減させるための自主協定をデンマーク商工会議所やCoopなどと結び、消費者に買い物袋の再利用を促す情報キャンペーンにも着手する。1993年にもレジ袋有料化が実施され、消費量はほぼ半減したという。
 環境・食糧大臣は、「プラスチックは自然界では分解に時間がかかり、海洋に流れ出て環境に害を与えるが、食品を長く保存できる優れた素材でもある。使わずに済むものから廃止に取り組んでいく必要がある」としている。【デンマーク環境・食糧省】
プレスリリース |
https://en.mfvm.dk/news/news/nyhed/danish-government-bans-lightweight-plastic-carrier-bags/

ページトップへ