EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連食糧農業機関、土壌汚染により食の安全が脅かされて... 
次の記事へ
 件数:11284件
 新着順に表示
 22-29件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.12.05  情報源 |  カテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
国連食糧農業機関、土壌汚染により食の安全が脅かされていると警鐘
 国連食糧農業機関FAO)は、世界土壌デー(12月5日)のイベントで、世界の土壌汚染が悪化し、食の安全と供給が脅かされていると警鐘を鳴らした。汚染源は農薬、プラスチック、電子機器廃棄物、未処理廃水などで、ある程度は土壌がフィルターとなって汚染物質の拡散を防いでいる。しかし土壌の緩衝能力を超えれば、汚染物質は環境に広がり食物連鎖に入り込む。汚染に加え土壌の酸性化や侵食の影響で、すでに世界の土壌の33%は劣化しており、作物収量の減少や食べるには危険な作物の増加が懸念されるという。
 2018年の世界土壌デーは土壌汚染への対策をテーマに掲げており、FAOは国、産業、消費者が取りうる対策を示した。たとえばプラスチックは、生産される量の3分の1は粒子となって土壌に残り、やがて食物網に運ばれる。FAOは、過剰な包装や化学物質の使用を防ぐ環境政策の強化が必要だとしている。消費者側も、繰り返し使えるボトルやエコバッグ、リサイクル材を使った製品の選択などで貢献できる。
 イベントでFAOは、土壌流出と土壌中の栄養損失の影響を経済的価値で表した調査も報告した。国連機関がマラウィで実施した調査によると、土壌損失が25%増えるとGDPは0.64%損なわれたという。【国連食糧農業機関
記事に含まれる環境用語 |
FAO
リサイクル
国連食糧農業機関
食物網
食物連鎖
土壌汚染
廃棄物
プレスリリース |
http://www.fao.org/news/story/en/item/1173588/icode/
関連情報 |
関連リンク
2015年12月4日付FAOニュース

ページトップへ