EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アフリカ・ユーラシア渡り性水鳥保全協定第7回締約国会議...
次の記事へ
 件数:11383件
 新着順に表示
 116-123件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.12.08  情報源 |  カテゴリ | 自然環境 >> 野生動植物
アフリカ・ユーラシア渡り性水鳥保全協定第7回締約国会議、2019〜2027年戦略計画を採択
 2018年12月4〜8日、南アフリカのダーバンでアフリカ・ユーラシア渡り性水鳥保全協定(AEWA)第7回締約国会議(MOP7)が開催された。最大の成果は、2019〜2027年の戦略計画とアフリカ行動計画が採択されたことである。その他に、AEWA保全対象種の状態、プラスチックが水鳥に及ぼす影響、鳥類のなかで最も絶滅の危機に瀕していると考えられる海鳥に関する優先課題などについて協議し、多数の国際単一種行動計画及び管理計画(ISSAP及びISSMP)を採択し、ヨーロッパジシギ、メジロガモなどの計画期間を延長した。また、AEWAの愛知目標への貢献、持続可能な開発目標との関係、気候変動の影響に強い渡り経路などに関する決議が採択された。MOP7には、締約国、非締約国、NGO、メディア関係者など過去最高規模の289人が出席した。同会議は3年ごとに開催されており、第8回は2021年にハンガリーで開催される。【アフリカ・ユーラシア渡り性水鳥保全協定】
記事に含まれる環境用語 |
海鳥
気候変動
持続可能な開発
水鳥
鳥類
プレスリリース |
https://www.unep-aewa.org/en/news/countries-act-towards-safer-passage-migratory-waterbirds

ページトップへ