一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

神戸市、ごみ出しルールを映像で解説 英語やベトナム語にも対応

【発表日】 2018.11.20 【情報源】 地方自治体 【ごみ・リサイクル ごみ処理

 神戸市は、市内に住む外国人向けに、ごみの出し方ルールを解説する動画を制作した。英語やベトナム語にも対応し、日本語が不慣れな外国人に映像で分かりやすく伝え、ごみ分別ルールの周知と徹底を図る。
 「ワケトン劇場〜ごみと資源の出し方ルール〜」は、約2分間の動画。全編アニメーションで構成され、市のごみ分別徹底キャラクター「ワケトン」が登場する。ごみは収集日の午前5〜8時までの間に出す▽分別して市指定ごみ袋で出す▽各地域の決められたクリーンステーション(集積場所)に出す―の3つのポイントをまとめた。
 まずは英語とベトナム語、平易な日本語バージョンの動画を配信し、2019年度には中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語などのバージョンを制作する予定。
 市の担当者は「基本的な3つのポイントだけでも覚えてもらえたら」と話している。映像は、市ホームページや交流サイト「フェイスブック」の市公式アカウント、動画投稿サイト「YouTube」などで公開している。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

プレスリリース