EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス環境・食糧・農村地域省、レジ袋有料化の全小売... 
次の記事へ
 件数:11339件
 新着順に表示
 49-56件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2018.12.27  情報源 |  カテゴリ | ごみ・リサイクル >> その他(ごみ・リサイクル)
イギリス環境・食糧・農村地域省、レジ袋有料化の全小売業への適用と値上げを提案
 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、大手小売業に適用されている1袋5ペンスのレジ袋有料化義務を中小の小売業にも適用することを提案した。2015年に導入したレジ袋有料化によってイングランドでは大手スーパーマーケットのレジ袋販売数は86%減少した。一人当たりのレジ袋年間使用料は、有料化前は140枚だったのに対し、2017/18年は19枚だったという。しかし、未だ年36億枚以上のレジ袋が従業員数250人未満の中小小売業で提供されている。中小小売業からなる商業団体は5ペンスの有料化に自主的に取り組んでいるが、これに加入しているのはイングランド全体の中小小売業の5分の1に満たないという。今回、レジ袋使用量をさらに削減するため、レジ袋の価格を10ペンスに引き上げることも提案した。また同日、ハインズ教育相は2022年までに学校に使い捨てプラスチックの使用をやめることを呼びかけた。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
プレスリリース |
https://www.gov.uk/government/news/plastic-carrier-bags-gove-sets-out-new-measures-to-extend-charge

ページトップへ