EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
イギリス環境・食糧・農村地域省、ごみ不法投棄に対する... 
次の記事へ
 件数:11339件
 新着順に表示
 43-50件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.01.07  情報源 |  カテゴリ | ごみ・リサイクル >> その他(ごみ・リサイクル)
イギリス環境・食糧・農村地域省、ごみ不法投棄に対する新たな罰金制度を施行
 イギリス環境・食糧・農村地域省(DEFRA)は、2019年1月7日に、ごみ不法投棄に対する新たな罰金制度が発効したことを報じた。これによって、有資格ゴミ回収業者を利用せず家庭ごみを不法投棄した場合に最大400ポンドの罰金が科せられるようになる。同時に、自治体が定額罰金通知の運用において罰金制度を公平に施行することを確保するガイダンスを公表した。ガイダンスでは、収益のための罰金を科すべきではなく、軽度の違反では罰金を免除すること、違反者が高齢に伴う病気や障害がある場合を考慮することなどを明確にしている。小規模な日曜大工に関連する廃棄物についても罰金を免除する。88%の自治体は新たな定額罰金通知が不法投棄対処に役立つことに同意しているという。既に自治体には不法投棄に現行犯で罰則を科す権限が与えられており、2017/18年は6万9000件の不法投棄に対し現行犯で罰則が科せられた。こうした取り締まりにより2017/18年には過去5年間続いた不法投棄数の増加がストップしている。【イギリス環境・食糧・農村地域省】
記事に含まれる環境用語 |
廃棄物
不法投棄
プレスリリース |
https://www.gov.uk/government/news/fly-tipping-new-financial-penalties-in-government-fight-against-waste-crime

ページトップへ