EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
欧州委員会、発癌性物質から労働者を守るためのEU指令に... 
次の記事へ
 件数:11379件
 新着順に表示
 53-60件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.01.29  情報源 | EU  カテゴリ | 健康・化学物質 >> その他(健康・化学物質)
欧州委員会、発癌性物質から労働者を守るためのEU指令について規制対象物質の追加で暫定合意が成立と発表
 欧州委員会は、発癌性のある有害物質から労働者を守るための、職場における発癌性・変異原性物質に関するEU指令について、規制対象となる物質を新たに追加することで欧州議会及びEU理事会と暫定合意に達したと発表した。追加が提案されているのは、カドミウム及びその無機化合物、ホルムアルデヒドなどの5物質である。労災関連死の死因の53%を癌が占めるEUでは、大部分の加盟国が多数の発癌性化学物質に対して曝露上限等の規制を設けているものの、規制の緩い国もあるため、労働者の保護や企業活動の公正性の面で域内差が生じている。こうした中、欧州委員会は同指令の対象物質の継続的な見直しを図ってきており、現時点までに対象物質は27に増えていた。同委員会のティッセン委員(雇用・社会問題・技能・労働力の移動担当)によれば、今回の合意内容は、100万人以上の職場環境を改善し、2万2000件以上の労災疾患を防ぐことにつながる。合意案は今後EU理事会の常駐代表委員会に諮られ、欧州議会での票決を以て最終決定されるという。【欧州委員会】
記事に含まれる環境用語 |
カドミウム
ホルムアルデヒド
変異原性
有害物質
プレスリリース |
http://europa.eu/rapid/press-release_STATEMENT-19-683_en.htm
関連情報 |
関連リンク
「発癌性物質からの労働者保護に関するEUの取組」

ページトップへ