EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
セイヨウオオマルハナバチの飼養等の許可の運用について... 
次の記事へ
 件数:30180件
 新着順に表示
 45-52件 を表示
情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

発表日 | 2019.03.04  情報源 | 環境省  カテゴリ | 自然環境 >> その他(自然環境)
セイヨウオオマルハナバチの飼養等の許可の運用について意見を募集
 環境省及び農林水産省は、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(「外来生物法」)に基づく特定外来生物であるセイヨウオオマルハナバチについて、平成29年4月に「セイヨウオオマルハナバチの代替種の利用方針」を策定した。
 利用方針では、セイヨウオオマルハナバチを利用し続けることによる生態系への悪影響を整理するとともに、セイヨウオオマルハナバチの代替種としてクロマルハナバチ等の在来マルハナバチが利用可能となっていることから、その適切な利用の促進を図り、セイヨウオオマルハナバチの総出荷量(北海道を除く)を平成32年までに半減することを目指すとの目標を掲げた。

 そこで、環境省は外来生物法第5条に基づくセイヨウオオマルハナバチの「生業の維持」の目的での飼養等の許可の運用を、平成31年9月より順次変更することとし、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律第5条に基づくセイヨウオオマルハナバチの飼養等の許可の運用について(案)」を作成した。
 
 今回この案について、広く意見募集を実施する。
 
 意見募集対象:「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律第5条に基づくセイヨウオオマルハナバチの飼養等の許可の運用について(案)」
 意見募集期間:平成31年3月4日(月)〜平成31年4月2日(火)

 意見提出方法等詳細はプレスリリース参照。

【環境省】
記事に含まれる環境用語 |
外来生物法
生態系
特定外来生物
特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律
プレスリリース |
http://www.env.go.jp/press/106543.html

ページトップへ