一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

大阪府堺市、使い捨てプラスチック削減 コンビニと協力し運動開始

【発表日】 2019.01.30 【情報源】 地方自治体 【ごみ・リサイクル その他(ごみ・リサイクル)

 堺市は、市内のコンビニエンスストアなどと協力し、使い捨てプラスチックの削減運動を始めた。SDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた取り組みで、必要のないプラスチック製品をできるだけ使用しないライフスタイルへの転換を促す。
 不用意に捨てられたレジ袋などプラスチックごみが海に流れ込み、海の環境や生態系に影響が出ることが懸念されている。
 市は、ホームページやSNS(会員制交流サイト)などを活用して啓発活動を行う。コンビニでは、店頭に啓発ポスターを掲出するほか、会計の際にレジ袋やストローなどを利用するかどうか買い物客に声掛けをする。
 また、市役所本庁舎の地下にある食堂「森のキッチン」を運営する社会福祉法人コスモス(堺市)と連携してオリジナルエコバッグを開発し、同食堂で販売する。
 市職員にはマイボトルやマイスプーン・フォークなどの持参を促し、率先して使い捨てプラスチックごみの排出量を減らすようにする。

提供:月刊ビジネスアイ エネコ(日本工業新聞社)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース