一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

平成29年度自動車交通騒音の状況を公表

【発表日】 2019.03.28 【情報源】 環境省 【大気環境 騒音/振動

 環境省は、平成29年度に行われた自動車騒音常時監視の報告に基づき、全国の自動車交通騒音の状況について取りまとめ公表した。 自動車騒音の常時監視は、都道府県等が自動車騒音対策を計画的に行うために地域の騒音を経年的に監視することが必要であるとして、平成12年度から実施されている。
 平成29年度は、全国841地方公共団体において、騒音に係る環境基準の達成状況の評価が実施された。評価対象の合計は、道路延長63,998kmに面する地域における、約872万1,400戸の住居等。
 そのうち、昼間(6時から22時)・夜間(22時から6時)のいずれか又は昼夜間とも環境基準を超過していたのは約53万2,200戸(6.1%)であり、そのうち昼夜間とも環境基準を超過していたのは約24万8,300戸(2.8%)だった。(平成28年度は2.9%)

 個別地域の状況ついては、国立研究開発法人国立環境研究所が運営するインターネットサイト「全国自動車交通騒音マップ(環境GIS 自動車交通騒音実態調査報告)」において、地図と共に情報提供している。
 
 全国自動車交通騒音マップ(環境GIS自動車交通騒音実態調査報告)
  http://tenbou.nies.go.jp/gis/monitor/?map_mode=monitoring_map&field=8

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連情報

関連リンク