一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 2018年温室効果ガス排出量は前年比で4.5%減少とする推計値を公表

【発表日】 2019.04.02 【情報源】 ドイツ 【地球環境 地球温暖化

 ドイツ連邦環境省は、2018年のドイツの温室効果ガスの排出量は前年より減少(約4100万トン減)し、8億6560万トンとなったとする推定値を公表した。これは、連邦環境庁が算出したもので、4年ぶりに大幅な減少を記録した。エネルギー部門と家庭部門で大幅な削減が実現し、さらに運輸部門でも微減した。化石燃料の消費の減少や例外的な穏やかな気候、ガソリンやディーゼル燃料の価格上昇等を要因に挙げている。1990年比では30.8%の削減となった。2018年の排出値に関する最終的なデータは、2020年1月15日に連邦環境庁によって公表される。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース