一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

トヨタ、「第44回 トヨペットふれあいグリーンキャンペーン」を全国展開

【発表日】 2019.03.29 【情報源】 企業 【環境学習 その他(環境学習)

 トヨタ自動車株式会社は、2019年4月から2020年3月までの1年間、全国のトヨペット店と共同で、「第44回 トヨペットふれあいグリーンキャンペーン」を実施する。
 このキャンペーンは、緑豊かな街づくりをめざした社会貢献活動として、(社)国土緑化推進機構の協賛で1976年より毎年実施しており、今年で44回目。

 全国各地区のトヨペット店が、「ふくしま(福島県産ソメイヨシノ)」「モッコウバラ」「サルスベリ ペチートプラム」3種の苗や、トヨタが独自で開発した温度上昇抑制効果の高い環境貢献植物「クチナシ ヴァルト」等を各自治体へ寄贈するとともに、その他様々な緑化活動を各自治体や地元の要望を踏まえて実施する。
 苗木や環境貢献植物は毎年全国で1万本以上、去年までの通算で43万本以上寄贈してきた。

 また、全国各地で行われる寄贈式や植樹式には、(社)国際文化協会の協力によりミス・インターナショナル日本代表および準ミス・インターナショナル日本代表(共に2019年度)2名を「緑の大使」として派遣する予定。

 詳細は、プレスリリース参照。

【トヨタ自動車株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース