一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

大和ハウス、「再エネ100%のまちづくり」を開始

【発表日】 2019.07.10 【情報源】 企業 【エネルギー 再生可能エネルギー

 大和ハウス工業株式会社は、2019年7月3日より、千葉県船橋市の「AGCテクノグラス中山事業場」跡地での複合開発プロジェクトにおいて、日本初の「施工」から「暮らし」まで実質再生可能エネルギー電気を100%供給するまちづくりを開始した。

 このプロジェクトは、分譲マンション(571戸・11階建て)、賃貸住宅(低層:39戸・3階建て4棟、中高層:223戸・11階建て)、戸建住宅(26区画)、商業施設を計画しているもの。
 環境エネルギー事業部等を通じ、戸建住宅や分譲マンション、賃貸住宅において、入居者が利用する電気はもちろん、共用部や街灯の電気等も再エネ電気のみを供給するとともに、居住街区および商業施設における施工時の工事用電源にも同電気を利用する。

【大和ハウス工業株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース