一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

三井物産、ドイツでのEV用蓄電池を活用する電力事業会社を設立

【発表日】 2019.08.30 【情報源】 企業 【エネルギー 再生可能エネルギー

 三井物産株式会社は、Renault S.A.S(ルノー社)、Fonds de Modernisation Ecologique des Transports(仏Demeter Partnersが管理するインフラファンド)、The Mobility House AG(TMH社)と、ルノー社製の電気自動車(EV)用の蓄電池を活用した定置型蓄電池を用いて、ドイツ国内での電力の調整力提供を目的とする事業会社 Tokai 2 GmbH(Tokai2社)を2019年8月に設立したと発表した。

 Tokai2社は、ルノー社製のEV用蓄電池をコンテナ型の定置型蓄電池(総出力20MW)に組み上げ、複数のサイトに設置し、TMH社の蓄電池制御システムを通じて、ドイツ国内の電力系統向けに周波数調整サービスの提供を行う。
 将来的には、蓄電池の設置先を増強し、需要家・発電事業者向けにも蓄電池を活用したサービスの提供を目指す。

【三井物産株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース