一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

トヨタ、2019年度「水素社会構築に向けた革新研究助成」募集を開始

【発表日】 2019.10.10 【情報源】 企業 【エネルギー 再生可能エネルギー

 一般財団法人トヨタ・モビリティ基金(TMF)は、2017年に創設した「水素社会構築に向けた革新研究助成」プログラムの2019年度の募集を開始する。

 TMFでは技術革新によるCO2フリー水素の低コスト化の早期実現に向けた活動を支援するため、大学・公的研究機関等の水素・エネルギー関連有識者で構成する委員会を設立し、2017年に水素社会構築に向けた革新的な基礎研究を対象に、五年間に渡る公募プログラムを開始している。

 応募資格:日本国内の学術機関・公的研究機関に所属する次世代を担う研究者
 助成金・件数:1件当たりの上限は1,000万円で10〜20件程度。総額約1億円を目途。
 助成期間:1〜3年(研究内容により決定)
 基本コンセプト:水素の低炭素化・CO2フリー化、水素と水素システムの大幅な低コスト化に資すると考えられる研究
 公募分野:「(1)水素製造」、「(2)水素貯蔵・運搬」、「(3)水素利用」、「(4)エネルギーシステム」、「(5)水素を活用した社会システム提案」の5分野

 詳細はプレスリリース参照。

【トヨタ自動車株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース