一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

全国のニホンジカ及びイノシシの個体数推定等の結果を公表

自然環境 野生動植物】 【掲載日】2019.11.05 【情報源】環境省/2019.11.01 発表

 環境省は、全国的なニホンジカ及びイノシシの生息状況の動向を把握するため、平成25年度より、統計手法を用いて、全国の個体数の推定等を実施しており、令和元年度の結果を公表した。

 近年、ニホンジカ及びイノシシについては、急速な生息数の増加や生息域の拡大により、自然生態系、農林水産業及び生活環境に深刻な被害を及ぼしており、捕獲による個体群管理が不可欠。

 平成29年度末におけるニホンジカ(本州以南)の推定個体数は約244万頭(中央値)、イノシシの推定個体数は約88万頭(中央値)となり、平成26年度以降、減少傾向にある。
 また、本州以南のニホンジカの個体数について将来予測を行ったところ、半減目標を達成するためには、令和元年度以降に平成30年度の約1.77倍の捕獲率(推定個体数に対する捕獲数の割合)を確保する必要があるという結果が得られた。

【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース