一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

トヨタ自動車、東海地域での「引き取り物流」を開始、環境負荷低減へ

【発表日】 2019.12.20 【情報源】 企業 【地球環境 地球温暖化

 トヨタ自動車株式会社は、トラックドライバー減少への対応とドライバーの作業負担の軽減および環境負荷の低減を目的に、部品仕入先・輸送会社と一体となり、全体最適を追求した効率的な輸送の仕組みを新たに構築するため、従来の部品仕入先手配による「お届け物流」から、トヨタ手配による「引き取り物流」に変更する事を、2020年9月より東海地域において開始する。
 
 同社は、2016年より九州地域で、2018年からは東北地域において、先行して「引き取り物流」を部分的に実施しており、どちらの地域においても、関係する部品仕入先や輸送会社の協力を得て様々な改善に取り組んできた。
 その結果、ドライバーの働きやすさを高めたうえで、従来に比べ約12%の輸送の効率化、およびCO2排出量は約6%の削減を実現した。
 今回、東海地域へ展開することに加え、九州・東北地域でも対象を更に拡大することで、従来に比べ約8%の輸送の効率化およびCO2排出量約8%削減の改善効果が期待される。

【トヨタ自動車株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース