一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

日本とサウジアラビアの間で二国間クレジット制度(JCM)のクレジットが初めて発行

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2020.03.10 【情報源】環境省/2020.03.09 発表

 環境省は、日本とサウジアラビアの間で実施される二国間クレジット制度(JCM)の合同委員会において、サウジアラビアで初めてとなるクレジット発行が決定されたと発表した。
 今回発行が決定されたクレジットの量は合計5,300トンであり、日本政府としてその内2,650トンのクレジットを獲得した。

 クレジット対象のプロジェクトは、現地の塩素製造プラントにおいて、従来多量の電気エネルギーを消費する設備を、高効率型電解槽を導入することにより省エネを図るというもの。

 詳細はプレスリリース参照。
 
【環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース