一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

SGホールディングス、イケア・ジャパンと連携してCO2排出量の削減に向けEVトラックを導入

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2020.06.29 【情報源】企業/2020.06.04 発表

 SGホールディングスグループにおいて引越輸送、設置輸送、特殊輸送やオフィス等の内装デザインから施工までを請け負うアーキテクト事業等を展開するSGムービング株式会社は、イケア・ジャパン株式会社と連携し6月にEVトラックを2台導入した。

 SGムービングは、「環境理念・環境方針」に基づき、事業を通じたCO2排出量の削減に取り組んでいる。
 サスティナビリティを事業全体の主な要素の一つに掲げるイケア・ジャパンの配送パートナーとして2台のEVトラックを導入し、両社で連携してCO2排出量の削減に取り組む。

 1台はイケア・ジャパンの商品配送専用に、もう1台はイケア・ジャパンおよびその他の顧客まで含めて家具や家電の設置輸送や引越輸送に使用する。

 今回のEVトラック導入によって、SGムービングが所有するトラック74台のうち環境に配慮した車両は、ハイブリット車2台、EV車2台、クリーンディーゼルエンジン搭載車15台の計19台となる。

【SGムービング株式会社/イケア・ジャパン株式会社】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース