一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

世界気象機関、2020年6〜8月もENSO中立が続く可能性が高いと発表

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2020.06.16 【情報源】研究機関/2020.05.28 発表

 世界気象機関(WMO)は、エルニーニョラニーニャ現象について最新情報を発表した。太平洋熱帯域は、ENSO中立が2019年7月以来続いていたが、2020年6〜8月も継続する可能性が高い。中立の確率は60%、ラニーニャ現象の確率は30%、エルニーニョ現象の確率は10%である。同海域の海面水温は、2019年10月〜2020年4月の間、平均を少し上回っていたが、最近の表層水温の低温化により、5月には平年並みに戻った。WMO全球長期予報プロダクトセンターが2020年5月12日に発表した季節予報によると、太平洋熱帯域の海面水温は今後も低下を続け、2020年後半に弱いラニーニャ現象レベルまで近づく可能性がある。2020年9〜11月のラニーニャ現象発生確率は、40%に上昇する。各国気象当局は、この時期の季節予報の不確実性を考慮にいれ、今後のENSOの状態を厳重に監視し、最新の予報を提供していく。
世界気象機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

関連リンク