一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

世界気象機関、2020年夏季の北極の気候予測を発表

地球環境 地球温暖化】 【掲載日】2020.07.02 【情報源】研究機関/2020.06.16 発表

 世界気象機関(WMO)は、2020年夏季(6〜8月)の北極の気候について、北極域気候フォーラム(ACF)の予測を発表した。
 2020年2〜4月の平均気温は、北極の西半球側で平年より低く、東半球側で平年より高かった。特に、シベリアは記録的な高温であった。2020年6〜8月の気温は、北極の大部分で平年を上回るとみられる。
 2020年2〜4月の降水量は、北極の大部分で平年より多かった。2020年6〜8月も、アラスカ、シベリア東部のチュクチの一部、カナダ北部で平年より降水量の多い状態は続くと予測される。
 2020年3月に観測された海氷域の年最大値は、1979年以降で最下位から11番目であった。2020年の解氷時期は、バレンツ海、グリーンランド海、ハドソン湾の東半分を除く北極域の大部分で平年より早く、2020年の海氷域の年最小値は、バレンツ海、グリーンランド海を除く北極域の大部分で平年以下と予測される。
 北極域の過去4年(2016〜2019年)各年の年平均気温は記録史上上位4位までを占め、2019年9月の北極海氷の推計量は、1979〜2019年の平均値より50%以上減少した。北極の温暖化は世界平均の2倍の速さで進んでいる。【世界気象機関

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース