一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[海外]

ドイツ 地域におけるエネルギー効率に配慮した建築物改修を進めることを目的にした円卓会議を実施

エネルギー 省エネルギー】 【掲載日】2020.07.07 【情報源】ドイツ/2020.06.16 発表

 ドイツ連邦環境省は、エネルギー効率の高い建築物の改修や持続可能なエネルギー供給を地域開発に統合していくことを目的に、住宅業界、エネルギー業界、借家人協会、環境保護団体、学術機関、地方自治体などの代表者が参加する円卓会議の開催を公表した。連邦環境省が資金を提供し、生活環境研究所(IWU)の技術的支援のもと、ドイツ住宅都市開発地域計画連盟(DV)が実施する。地域の中では、様々な背景を持つグループが枠組みを越えて協力し、それぞれが持つ異なる利害関係の調整が必要である。円卓会議では、この点に留意し、実践者でもある全国的な組織が、建設的で解決志向を持つ対話を実施していく。連邦気候保護法に基づき、建設部門は、温室効果ガスの排出量を2030年までに最大7000万トンまで削減することが求められているが、連邦環境庁は、この数値は2019年の時点で1億2,200万トンであるとする推定値を公表している。【ドイツ連邦環境省】

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース